総合 総合 sougou

  • 印刷
臨時休校措置などについて会見で説明する兵庫県の井戸敏三知事=28日午前、兵庫県庁(撮影・秋山亮太)
拡大
臨時休校措置などについて会見で説明する兵庫県の井戸敏三知事=28日午前、兵庫県庁(撮影・秋山亮太)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県は28日、県立学校(高校、特別支援学校など)176校を3月3日から15日まで臨時休校にすると発表した。私立学校を含む県内の小中高校なども同様の措置を取るよう、各市町の教育委員会などに要請する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う措置。

 首相要請では休校期間は3月2日から春休みまでで、27日時点では県教委も応じる方針だったが、井戸敏三知事は「休みの理由を生徒や児童に説明する必要がある」と指摘。休校の開始時期を翌3日にずらし、期間も「県内ではまだ患者が発生していない段階だ」として潜伏期間とされる2週間にとどめた。12日に予定されていた県立高校の一般入試は予定通り実施する。

 休校に伴う授業日数の不足については、春休み期間中の補習などを含め検討する。企業には時差出勤やテレワークの活用、保護者が休みやすい環境の確保などを要請するという。

 一方、県と並行して28日朝から対応を協議した県内市町も多く、休校期間などにばらつきも生じている。

 尼崎市は市立幼稚園、小中高校、特別支援学校を3月3日から春休みまで休校に。芦屋市も小中学校は同3日から春休みまで休校とした。西宮市は幼稚園を除き、同3日から春休みまで小中高校、特別支援学校の休校を決めた。

 加古川市は3月2日から春休みまで小中学校と養護学校を休校。姫路市は同2日から24日まで小中学校と特別支援学校を、同2日から23日まで幼稚園と高校を休校する。明石市は幼稚園と小中高校を同3日から13日まで休校するとした。

    ◇   ◇

 一方、県は28日、新型コロナウイルスの感染検査を27日までの1カ月間に、県内全域で78件実施したと発表。全て陰性で感染患者は確認されていない。また、これまで県疾病対策課に設けていた電話相談窓口に代わり、24時間コールセンターを新たに設置した。TEL078・362・9980

総合の最新
もっと見る

天気(4月2日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 80%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ