総合 総合 sougou

  • 印刷
イカナゴが取れず、運ぶためのパレットも撤去された=29日午前、林崎漁港(撮影・秋山亮太)
拡大
イカナゴが取れず、運ぶためのパレットも撤去された=29日午前、林崎漁港(撮影・秋山亮太)

 瀬戸内に春の訪れを告げるイカナゴのシンコ(稚魚)漁が29日、大阪湾と播磨灘で解禁された。近年不漁が続くシンコ漁だが、兵庫県明石市の林崎漁港では初日の漁獲量がゼロに。漁業者の間では「記憶にない」などと衝撃が広がった。

 同漁港ではこの日早朝、11隻が出港。午前7時半ごろに網を入れたが、シンコは全く取れなかった。午前9時すぎには、漁港の岸に重ねて置いていたイカナゴを入れる籠も撤去された。

 大阪湾や播磨灘では近年、漁獲量が減少。生活排水の規制強化で瀬戸内海の水質が改善され、魚介の栄養につながる窒素、リンの濃度が低下したことが要因の一つ。資源量を確保するため漁期を短縮するなどしているが、回復には至っていない。

 同漁港でも水揚げは減っており、昨年は、3月5日から25日までの漁獲量は約37トンだった。

 林崎漁業協同組合の田沼政男組合長(66)は「40年漁師をしているが、ゼロは初めてだ」と肩を落とす。「何とかイカナゴのくぎ煮文化を継承したいと、漁師も資源管理をしているが追い付かないのが実態。今年は暖冬で産卵が遅くなり、卵が熟成していなかったのでは」と残念がった。

 同漁協は3月2日も漁を行う予定。播磨灘の漁業関係者らは同日、今後の漁について話し合う。

     ◇

 一方、大阪湾側の神戸市垂水区の垂水漁港では午前7時40分ごろから、漁船が戻り始めた。この日は昨年の解禁日の1・5倍余りの約4・3トンを水揚げ。港で早速、競りにかけられた。中には、イワシシラスなどの混入が目立つものもあったが、仲買人らは品定めしながら次々に競り落としていった。

(長沢伸一、山路 進)

総合の最新
もっと見る

天気(6月4日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 32℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ