総合 総合 sougou

  • 印刷
新型コロナウイルスの感染者が出た介護施設「グリーンアルス伊丹」=伊丹市西野3
拡大
新型コロナウイルスの感染者が出た介護施設「グリーンアルス伊丹」=伊丹市西野3
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 クラスター(感染者集団)の発生が疑われる兵庫県伊丹市の介護施設「グリーンアルス伊丹」は9日から休業している。感染者以外の利用者については他の受け皿を探す必要があるが、介護業界は慢性的な人手不足の上、感染を恐れる他施設が受け入れを敬遠する傾向もあり、地域のケアマネジャーらは「医療崩壊より先に、介護崩壊が来る」と危機感を募らせている。

 同施設には約150人が利用するデイケアサービスと約90人が利用する入所サービスがある。感染者が出たデイケア事業は9日から休止され、職員と利用者は自宅待機となっている。

 「グリーンアルス伊丹の利用者が他のデイサービス施設から『来ないで』と言われた」「訪問介護を担うヘルパーが利用者の家に行きたがらない」

 宝塚市ケアマネジャー協会会長の山内知樹さん(44)には、市内のケアマネから多くの相談が寄せられる。中には、ヘルパー自身が施設利用者の家族というケースもあり、「直接の濃厚接触者ではないが、出勤させていいのか」と悩んでいる事業所もあるという。

 「今は一つの施設だけだが、今後営業を自粛するデイサービスが出るかもしれない」と山内さん。そうなれば、介護業界の慢性的な人材不足がさらに加速し「介護を必要な人がサービスを受けられなくなる事態になりかねない」と危惧する。(名倉あかり)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(10月29日)

  • 21℃
  • 14℃
  • 10%

  • 18℃
  • 10℃
  • 30%

  • 22℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ