総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 感染が拡大する新型コロナウイルスに対応するため、神戸市は4月1日付の人事異動で、3月末に定年退職する予定だった局長級幹部数人を勤務(定年)延長とする方針を固めた。勤務延長は地方公務員法の特例に基づく異例の措置。延長を含めた人事異動を3月末に発表する見通しだ。

 対象は、予算編成などで市政全般に関わる行財政局長や、感染症対策を行う保健所を統括する保健福祉局担当局長(保健所長)らで、当面の間、現在の業務を続ける。地方公務員法では、職員の職務の特殊性などから、退職で公務の運営に著しい支障が生じる場合、1年以内の期限を定めて定年を延長することが可能としている。

 同市は4月の組織改正で、保健福祉局を健康局と福祉局に再編する。感染症対策を担う健康局には、現在の保健所長に加え、当面の間、臨時の担当局長ポストも設けて、体制の拡充を図る方針。(石沢菜々子)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る
 

天気(5月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ