総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県は19日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う新たな緊急対策費として27億8300万円を盛り込んだ2019年度補正予算案を発表した。介護施設や保育所などにマスクの購入費を補助し、影響で売り上げが減少した中小企業向けに制度融資を拡充。入院医療体制を充実させるほか、感染症専門家らの対策協議会を立ち上げる。

 政府がまとめた第2弾の緊急対応策を踏まえて編成。23日に開会中の県議会定例会に追加提案する。

 介護施設などで感染の疑いがある入所者を隔離するため、大部屋を個室に改修する間仕切りなどの費用を支援。まん延期に一般の医療機関でも臨時の診療ができるよう、外来を設置するためのテントなどの整備費を盛り込んだ。

 臨時休校に伴い、生徒らのために設けているSNS悩み相談窓口を25日まで延長。社会福祉施設に対し、マスクの購入や施設の消毒経費を補助する。

 中小企業の支援では、既に拡充した「経営円滑化貸付」について、最近1カ月間の売り上げが前年同期比または、最近3カ月間の平均と比べ15%以上減った場合、これまでとは別枠で2億8千万円まで借りられるようにした。(井関 徹、森 信弘)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(11月29日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ