総合 総合 sougou

  • 印刷
「誹謗中傷・風評被害について」と題した文章を掲載した北播磨総合医療センターのホームページ
拡大
「誹謗中傷・風評被害について」と題した文章を掲載した北播磨総合医療センターのホームページ

 4人の医師らが新型コロナウイルスに感染し、外来や救急診療を停止している北播磨総合医療センター(兵庫県小野市市場町)は23日までに、職員やその家族、患者らが風評被害に遭っていることを明らかにした。同センターはホームページ(HP)に「誹謗中傷・風評被害について」と題した文章を掲載。地域住民の理解と協力を呼び掛けている。

 HPによると、同センターの職員や患者らが「ばい菌扱い」され、引っ越しを業者にキャンセルされたり、タクシーの乗車拒否に遭ったりした。家族が勤務先から出勤停止を命じられた例もあったという。

 同センターは「感染が確認された4人の職員と接触した方々はごく少数」として行政窓口に相談し、内容によっては名誉毀損や精神的苦痛、経済的損失につながる問題にもなるとしている。(中西大二)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(4月6日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 15℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

  • 16℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ