総合 総合 sougou

  • 印刷
政次悟氏
拡大
政次悟氏

 任期満了に伴い10月に投開票される兵庫県養父市長選に、同市議会副議長の政次悟氏(64)が立候補する意向を固めたことが23日、分かった。市議会3月定例会の閉会後に議員辞職し、立候補を正式に表明する方針。

 政次氏は同市出身で、和田山商業高校(現和田山高校)を卒業後、和田山町(現朝来市)に入庁。朝来市の市長公室長などを務め、2016年の養父市議選で初当選した。

 神戸新聞社の取材に、政次氏は「市民目線の政治を進めるため、役所の組織を改革する。福祉や商工関係者が連携し、市民主体のまちづくりをする」と話した。

 元副市長の西田浩次氏(60)が既に立候補を表明。現職で3期目の広瀬栄氏(72)は態度を明らかにしていない。(桑名良典)

総合の最新
もっと見る

天気(9月24日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 40%

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ