総合 総合 sougou

  • 印刷
関西学院大西宮上ケ原キャンパスでは、海外留学から帰国した学生に新型コロナウイルス感染への注意書きが張り出された=30日午前、西宮市上ケ原一番町(撮影・辰巳直之)
拡大
関西学院大西宮上ケ原キャンパスでは、海外留学から帰国した学生に新型コロナウイルス感染への注意書きが張り出された=30日午前、西宮市上ケ原一番町(撮影・辰巳直之)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、海外で留学中の大学生や、日本の大学で学ぶ外国の学生にも影響を広げている。感染はアジアから米国、欧州へと世界的に流行。兵庫県内の大学も、急きょ学生の帰国を求める一方、迎える留学生の受け入れを延期するなど、情報収集と連絡に追われている。

 神戸市灘区の神戸大は、世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的大流行)を宣言した後の今月17日、留学などで海外に滞在する学生にメールで帰国を指示した。同大には外国からの学生が約1500人在籍する。感染を恐れて、春からの留学を遅らせる希望もあり、担当者は「学生に不利が生じないように対応したい」としている。

 神戸市立外国語大(神戸市西区)では、海外にいた学生約100人のうち、半数が帰国したが、25人ほどは搭乗する航空便のめどが付いていないという。欧州からの帰国者には、2週間の自宅待機も指導した。

 また関西学院大(西宮市)も、海外に滞在する学生約150人に帰国を求めたが、30人は航空便がストップしたため、帰国できていないという。さらに、海外での留学やボランティア活動を予定していた約400人の渡航が取りやめに。関学大が今月に受け入れるはずだった外国人留学生約120人も、来日したのは20人弱にとどまる。

 甲南大(神戸市東灘区)は、今春に北米などを訪れるつもりだった196人のうち、42人が渡航を中止。また26日の時点で、海外に留学していた計154人の大半は帰国したが、依然5人がとどまっていて、ビデオ通話で健康状態などを確認している。

 兵庫県立大(神戸市西区)でも、中国やフィリピンなどに派遣を予定していた66人の留学を取りやめた。この2週間でフランスや米国から8人が帰国したが、1人は行動制限のため帰国できていない。県立大の担当者は「今後の情勢によっては、留学先より日本にいる方が感染リスクが高い、ということにもなりかねない。学生の安全確保を図りたい」と危機感を強めている。(杉山雅崇)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(8月4日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ