総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県と姫路、西宮市は31日、新たに20~70代の男女計11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち1人は県洲本健康福祉事務所(淡路市、洲本市、南あわじ市)管内に住み、感染者が相次ぐ京都産業大の20代の男子大学生。淡路島では初の感染確認で、県内の感染者は計148人になった。退院した人も増えて計40人となり、30日からの1日で23人増えた。

 県によると、男子大学生に渡航歴はないが、21日にあった同大学のゼミの卒業祝賀会に出席。祝賀会には、卒業旅行で欧州を訪れ、感染が分かった学生が参加していた。

 宝塚市在住の30代と60代の男女計3人は、オランダから帰国後に感染が確認された同市の30代男性の濃厚接触者という。

 西宮市は男女5人の感染を確認。20代の男女2人は欧州への渡航歴があり、30代の男性会社員は出張で東京に滞在。70代の無職女性は、東京から訪れた孫の感染が確認されていた。

 姫路市在住で感染が確認されたのは40代の男女2人。女性は市内で飲食業に従事し、店は22日から営業を自粛している。男性は同市の会社に勤務し、発熱後は出勤していない。(まとめ・金 旻革)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(8月10日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ