総合 総合 sougou

  • 印刷
LGBT(性的少数者)などへの理解を広げる施策を担う明石市の専門職員になった増原裕子さん(左)と高橋朗さん=明石市中崎1、明石市役所(撮影・斎藤雅志)
拡大
LGBT(性的少数者)などへの理解を広げる施策を担う明石市の専門職員になった増原裕子さん(左)と高橋朗さん=明石市中崎1、明石市役所(撮影・斎藤雅志)

 兵庫県明石市は1日、LGBT(性的少数者)や多様な性への理解を進める施策を企画・立案する専門職員2人に辞令を交付した。同市は本年度、同性カップルを結婚相当の関係に認定する「パートナーシップ制度」の導入を目指しており、2人が中心的な役割を担う。

 LGBTの支援に取り組む元経営コンサルタント増原裕子さん(42)と、同市内の啓発団体「ソラニジ・アカシ」元代表高橋朗さん(59)。同市が昨年12月、LGBT当事者や性の多様性に理解と知識がある人を公募し、99人の中から選考。任期は最長5年。市は正規採用も視野に入れる。

 2人は政策局SDGs推進室に配属。同制度のほか、市職員向けの研修や相談業務、学校制服の見直しなど幅広く取り組む。

 会見で増原さんは「どんな人でもありのままで大切にされる優しいまちを目指したい」。高橋さんは「少数者が家庭や地域で生きづらさを感じない行政サービスを市民と一緒に考えていく」と抱負を述べた。(小西隆久)

総合の最新
もっと見る

天気(1月22日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 50%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 60%

  • 9℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ