総合 総合 sougou

  • 印刷
建設が進む専門職大学のキャンパス=豊岡市山王町
拡大
建設が進む専門職大学のキャンパス=豊岡市山王町

 兵庫県豊岡市で2021年4月の開学を目指して県が認可申請している「国際観光芸術専門職大学」(仮称)の建設工事が進んでいる。劇作家平田オリザさんが学長候補で、国公立大学として演劇を本格的に学べる。資料請求は県外からが8割と広く注目を集めている。(石川 翠)

 県は昨年10月に設置認可申請を文部科学省に提出。同月から学舎と学生寮の建設が行われている。

 観光と芸術文化を結び付けて活動できるプロフェッショナルの育成を目的とし、定員は1学年80人。1年生は原則、隣接する寮で生活▽全学生が海外実習か海外への語学研修を履修▽旅館やホテル、劇場、スキー場など約110カ所の施設で2~4週間、延べ800時間の実習を実施-することなどが特徴だ。

 県専門職大学準備課によると、昨年7月18日~今年3月5日に、同大学のホームページや進学情報サイトなどからのリーフレットが請求された件数は1085件。送付先は、県内216件(19・9%)▽関東・甲信越202件(18・6%)▽兵庫県を除く関西179件(16・5%)▽中国・四国137件(12・6%)▽東海・北陸135件(12・4%)▽九州130件(12%)▽北海道・東北86件(7・9%)-だった。

 また、大学での学びを体験できる高校生対象の「プレカレッジ」を18年8月以降に豊岡市と神戸市で計5回実施したところ、計75人が参加。このうち26人が群馬や長崎など県外からで、76%に当たる57人は女子生徒だった。

 大阪での合同進学説明会にブース出展した際には、沖縄や岩手から来た高校生から相談を受けたという。今後、東京都などでの開催も検討。オープンキャンパスも「豊岡演劇祭」開催期間中の9月に実施する予定にしている。

総合の最新
もっと見る

天気(5月26日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 18℃
  • 40%

  • 25℃
  • 20℃
  • 50%

  • 25℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ