総合 総合 sougou

  • 印刷
西宮市役所=西宮市六湛寺町
拡大
西宮市役所=西宮市六湛寺町

 兵庫県西宮市が3月31日に新型コロナウイルス感染者の11例目として発表した20代女性=同市在住=について、大阪大学は2日、同大外国語学部を3月に卒業した学生だった、と明らかにした。女性はヨーロッパに渡航して体調を崩した後、同じ専攻の学生らと食事会に参加していた。

 大阪大によると、女性は3月3~18日にスペインとフランスを単独で旅行。19日に発熱し、20日に味や臭いを感じにくくなって医療機関を受診した。

 帰国後は31日まで自宅に帰らず、原則的に自らホテルで待機。しかし、25日には外出し、大阪大の箕面キャンパス(大阪府箕面市)で学位記授与の催しに出た後、大阪市内の飲食店で同じ専攻の教員や学生ら計16人で食事会をした。27日に帰国者・接触者相談センターに相談し、29日に帰国者・接触者外来を受診。31日に検査で陽性と判明して入院した。4月2日時点で軽症という。

 食事会で同じテーブルにいた濃厚接触者7人は自宅待機中で、体調不良を訴える人はいないという。同大は1日に箕面キャンパスの立ち寄り先を消毒した。

 同大は、2月25日に行事に伴う懇親会などは「原則中止」と学生らに通知するなど感染予防策を呼び掛けており、女性が海外渡航していた点も含めて「徹底できていなかったことは誠に残念」としている。

【記事特集】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(5月25日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 40%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ