総合 総合 sougou

  • 印刷
突然の別れに悲しむ遺族を思い、神戸市は、顔が見える透明の納体袋を用意した=神戸市役所
拡大
突然の別れに悲しむ遺族を思い、神戸市は、顔が見える透明の納体袋を用意した=神戸市役所

 新型コロナウイルスの感染拡大で兵庫県内でも10人以上の死者が出る中、神戸市が遺体を包む透明の「納体袋(のうたいぶくろ)」を用意したことが3日、分かった。通常は自治体が用意するものではないが、今回感染防止策の一環として発注した。同袋は、遺体が外から見えないよう白色などを使うのが一般的だが、収容しさえすれば故人の顔を見て葬儀を行うことが可能になるため、あえて透明のものにしたという。(霍見真一郎)

 厚生労働省は1月下旬、感染者の遺体には移動制限がかかることを各自治体に通知。通常は禁じられている24時間以内の火葬を許可している。ただし必須ではない。同省は「非透過性納体袋に収納、密封されている限りは特別の感染防止策は不要で、遺体搬送を遺族らが行うことも差し支えない」とする。

 同市によると、「非透過性」の意味は、「中が見えない」ではなく、「血液や鼻水などの体液が漏れない」という趣旨。感染者の死亡が確認された病院で、防護服を着た医療従事者が同袋に収め、その表面を消毒すれば、通常の遺体と同じ扱いができるという。

 葬儀会社の中には風評被害を心配する声もあるが、市は「この袋に入れれば葬儀場の消毒は必要ない」とし、参列者が棺おけに花を入れるのも可能とする。

 神戸市では3日正午現在、死者は出ていないが、国内で死者が確認された頃から透明の納体袋を検討。これまで2度にわたって発注をかけた。市内数カ所の病院から要望を受け、すでに配布しているという。

 市の担当者は「感染者の治療と感染拡大防止に全力を尽くす。ただ万一死者が出たときを見据え、敬遠する葬儀会社も多い中、遺族の意向に沿う対応ができるよう準備している」と話している。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 36℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 39℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ