総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県と神戸市などは4日、新たに男女15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。重症者はおらず、神戸市内の高校生以下の10代男子や、西宮市のタクシー運転手が含まれている。県内で高校生以下の感染が分かったのは初めて。1日に判明した人数は最多で、県内の感染者は計190人になった。

 神戸市によると、10代男子は県内の学校に在籍。数日前に感染が確認された人と3月末までに数回、市外で会っていたという。3月上旬以降、通学はしていなかった。同市はこのほか20代男性の感染も確認した。

 西宮市が確認した5人のうち、40代男性はタクシー会社「神戸エムケイ」の運転手。業務中はマスクを着用していたという。同社は4月10日まで、男性が所属する芦屋営業所を閉鎖する。事務所内と車両は消毒した。

 伊丹健康福祉事務所管内(伊丹、川西市と猪名川町)に住む20代の会社員男性2人や尼崎市の40代女性らは、既に感染が判明している人の濃厚接触者だった。新たな感染者のうち、西宮市の60代女性や明石市の60代男性ら半数以上は感染経路が不明だった。

(まとめ・紺野大樹)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(6月2日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 31℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ