総合 総合 sougou

  • 印刷
デイケアの再開について説明するグリーンアルス伊丹の上田隆施設長(左)と塩田真一郎事務長=8日午後、伊丹市千僧1、県伊丹庁舎別館(撮影・大田将之)
拡大
デイケアの再開について説明するグリーンアルス伊丹の上田隆施設長(左)と塩田真一郎事務長=8日午後、伊丹市千僧1、県伊丹庁舎別館(撮影・大田将之)

 デイケアサービスの利用者ら53人が新型コロナウイルスに感染した兵庫県伊丹市の介護施設「グリーンアルス伊丹」は8日、関係者のPCR検査が全て終了し、9日から事業を再開すると発表した。今後は感染防止の対策を徹底し、デイケアの利用は当面、必要最小限のサービスにとどめる。

 施設と兵庫県によると、3月7日に利用者の80代女性の陽性が判明。その後も感染者が相次ぎ、20~90代のデイケア利用者や職員32人と、濃厚接触者21人の感染が確認された。このうち少なくとも7人が死亡し、21人が現在も入院中という。

 記者会見した上田隆施設長(60)は再開の理由について「デイケアの閉鎖から1カ月が経過し、必要な消毒や予防措置を講じた」と説明。特に入浴介助は利用者から再開を希望する声が多く寄せられたとし、当面の利用は原則週1回で、1回あたりの定員を半減して運営するという。

 また、グリーンアルス伊丹を利用し、同病院で死亡した後に陽性が判明した80代男性を含め、入院患者や医師ら計8人の感染が判明した宝塚第一病院(宝塚市)も9日から、3月16日以降は休止していた外来診療と新規入院の受け入れを再開する。新たな感染者はなく、施設の消毒などで安全が確認できたという。(久保田麻依子、大盛周平)

■施設長と事務長が会見 一問一答■

 新型コロナウイルスの集団感染により休止していた介護施設「グリーンアルス伊丹」が、9日からデイケア事業を再開する。同市千僧1の兵庫県伊丹庁舎別館で8日、上田隆施設長と塩田真一郎事務長が会見した。主なやり取りは以下の通り。

 -サービスの再開は入浴限定か。

 「デイケアはリハビリ、入浴、食事などあるが、基本的にはみなさんが1番困られている入浴を再開する。入浴に来られた際に、『密集』とか『密接』の状態に注意しながら、リハビリを少しする」

 -利用者はマスクをずっと着けるのか。

 「いつコロナが収束するか分からないが、当面の間は着けてもらう。終息すれば、従来通りに戻す」

 -デイケア事業はいつまで縮小するのか。

 「緊急事態宣言が終われば入浴を週2回にするとか、リハビリを増やすとかを検討する」

 -集団感染がなぜここまで広がったか。

 「感染経路は特定できていない。国の専門家に情報は全て提出し、解析してもらっている。利用者が来所したときに体調をチェックしていたが、それでは不十分だった。無症状や潜伏期間中の人が利用され、他の利用者や職員に感染が広がったという状況だと思う。介護は、入浴や食事、トイレなど、職員がある程度密接しないとできない。コロナの特徴だと思うが、最初の1週間程度は症状が出ないケースもあり、申し訳ないが広がっていくのを察知することができなかった」

 「デイケアの場合は、利用者が帰宅した後まで職員が観察しているわけでない。感染の広がりを察知できなかった」

 -感染拡大前は何ができていなかったか。

 「(利用者の)健康チェックが甘かった。当日に口頭で確認していた。今後はチェックシートを作り、体温や症状を毎日記載してもらう。体調不良があった場合の受診の有無や、解熱剤を処方されているかどうかも書いてもらう」

 -再開後、食事の提供はしないのか。

 「午前中に入浴する人は、希望があれば昼食を食べて帰ってもらう。食べるときは同じ方向を向いて座り、距離を空けて食事をしてもらう」

 -介助が必要な人もいる。

 「接触して介助しないといけない状況は、介護施設では多いが、できるだけ最小限の接触を心がける。対面に入らず横から介助するなど注意する」

 -緊急事態宣言が出て、その中での再開になるが。

 「国の専門家に指導をいただき、緊急事態宣言とは関係なく、(1人目の感染発覚から)1カ月ということで予定していた。当施設としては新たな感染者が発生しておらず、再開できる状況ということ」

 -利用者から事業再開の希望は多かったのか。

 「入浴が一番困ってらっしゃる。4週間もリハビリをしていないので、日常生活動作の能力が低下している人も多い。施設にきてちょっと歩くくらいでも運動になる」

 「150人の登録者のうち、半数以上が心待ちにされていた」

 -再開してまたぶり返すのが心配では。

 「必要不可欠なサービスなので、できる限りの対策をして最小限のサービスだけでも提供したい」

 -集団感染が起きた経験を、他にどう生かしてもらう。

 「今回のことを心に刻んで、われわれが経験したことで助言できることがあれば、他の施設に伝えるなど協力はしたい」

 -入所者への感染対策は。

 「2月末くらいから完全に面会禁止としている。今後も面会は禁止。入所と短期入所については、緊急事態宣言の間は受け入れを中止している」

 -兵庫県知事がデイケアの利用自粛を求めたが、その中で再開にこだわる理由は。

 「自宅でなんとかやっていける場合は自粛してもらえれば。一番困っているのは入浴で、自宅では入浴が難しい人も多い」

 -休止中、デイケア利用者は、他の介護サービスを受けられていたのか。

 「休止するときに、利用者を担当するケアマネジャーの人に連絡し、できるだけサービスを受けられるようにお願いはした」

 -風評被害はあったか。

 「何種類かある。一つは、うちを利用していたというだけで他の事業所から利用を止められる。デイケア担当の職員でなく、陰性が確定してても、うちで勤めているだけで家族が出社を止められたという話も聞いている。風評被害というのは今回、かなり強烈に襲いかかってきたように思う。こういう事態になった施設として、他の施設の方にもどういう対応をしていくべきか、きちんと発信していきたい」

 -登録者150人というのは現時点での数か。

 「3月1日時点の登録者。1カ月休止しているので、明日から何人が利用されるのかは今からのやり取り。かなり減るとは思う」

【記事特集】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(6月4日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 32℃
  • 16℃
  • 20%

  • 30℃
  • 21℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ