総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県に緊急事態宣言が発令された中、営業を続ける元町映画館=8日午後4時52分、神戸市中央区元町通4(撮影・辰巳直之)
拡大
兵庫県に緊急事態宣言が発令された中、営業を続ける元町映画館=8日午後4時52分、神戸市中央区元町通4(撮影・辰巳直之)
兵庫県に緊急事態宣言が発令された中、営業を続ける元町映画館=8日午後4時39分、神戸市中央区元町通4(撮影・辰巳直之)
拡大
兵庫県に緊急事態宣言が発令された中、営業を続ける元町映画館=8日午後4時39分、神戸市中央区元町通4(撮影・辰巳直之)
緊急事態宣言の発令を受け、休館を決めた映画館「シネ・リーブル神戸」の張り紙=8日午後3時22分、神戸市中央区浪花町(撮影・辰巳直之)
拡大
緊急事態宣言の発令を受け、休館を決めた映画館「シネ・リーブル神戸」の張り紙=8日午後3時22分、神戸市中央区浪花町(撮影・辰巳直之)
臨時休業や時短営業などの店舗が目立ち、買い物客もまばらな三ノ宮センター街=8日午前11時、神戸市中央区(撮影・斎藤雅志)
拡大
臨時休業や時短営業などの店舗が目立ち、買い物客もまばらな三ノ宮センター街=8日午前11時、神戸市中央区(撮影・斎藤雅志)
急事態宣言を受けて店舗が臨時休業し、閑散とする三宮の地下街「さんちか」=8日午前10時4分、神戸市中央区(撮影・斎藤雅志)
拡大
急事態宣言を受けて店舗が臨時休業し、閑散とする三宮の地下街「さんちか」=8日午前10時4分、神戸市中央区(撮影・斎藤雅志)

 緊急事態宣言への対応が8日、兵庫県内でも始まった。いつもはにぎやかな神戸・阪神間の繁華街は人影が減り、外出の自粛で利用客が減るとみられる娯楽施設やスポーツ施設は、営業の継続を巡って判断が割れた。「休んでも経費がかかる」「補償がないと休業できない」-。営業を続ける施設からは、国や自治体への要望と悲鳴が聞こえてきた。

【1】は営業継続するか

【2】は国や自治体への要望

■映画館

【1】営業時間短縮。閉めると給料払えない    

【2】営業自粛を政府や自治体が決めて       

 神戸市中央区の元町映画館は8日も開館した。9日以降は、営業時間を4時間ほど短縮し、午後6時ごろに閉める。

 林未来支配人(45)は「うちはチケット収入だけで従業員の給料を賄っている。政府が補償してくれない限り、閉館という選択肢はない」とため息。

 同館では2月から入館者が減少し、3月末以降は激減。1本の上映作品に客が1人しか入らないケースもあるという。

 「状況的には閉めた方がいいと思う。でも閉館が長引けば経営が持たない」と林支配人。「緊急事態宣言といっても、判断は全て事業所に丸投げ。閉館中の給料分だけでも補償し、営業継続の可否を政府や自治体が決めてほしい」と強調した。(西竹唯太朗)

■カラオケ

【1】営業継続。本社から指示がない

【2】休業を強制にしてほしい  

 JR三ノ宮駅近くのカラオケチェーン店は通常通り営業を続ける。20代の男性店長は「本社から指示がないので開けている。いつ休業になるかどうか、現場では分からないんです」と声を落とす。

 3月の売り上げは前月の半分に落ち込んだ。ただ4月に入って周辺のカラオケ店の多くが店を閉めたため、客足は変わらないという。この日も若者のグループやお年寄りらが訪れた。

 「店を閉めると従業員に給料を払えなくなるので、店を開ける会社の気持ちも分かる。でも感染のリスクを負わず、僕も家にいたい」と男性店長。

 国には「営業しなくてもいい経済対策を考え、休業を強制してくれるといいのに」と訴えた。(小谷千穂)

■ヨガスタジオ

【1】臨時休館。安全を優先

【2】補償はあるのか?

 西宮市のヨガスタジオは7日から臨時休館に入った。3月1日に市内で初めて感染者が確認された後から、1~2割の会員が休会希望を申し出るなど影響が出始めたという。

 スタッフはマスクを着け、レッスン中も窓を開けるなどして感染予防に努めてきたが、4月に入ってさらに休会希望が増えた。

 「この状況であれば無理して営業するより、安全を優先することにした」と男性店長。

 だが店を閉めても家賃などの固定費はかかる。

 「国や県がどんな補償をしてくれるのか、そもそも補償はあるのか。こちらも努力するが、よくなる兆しが見えないと再開のめども立たない。早く収拾させてほしい」と願う。(中川 恵)

■ネットカフェ

【1】営業継続。長期利用者がいる

【2】補償を明確に示してほしい

 阪急神戸三宮駅近くのネットカフェ「キャビNET神戸三宮店」。24時間営業の同店は、8日も通常通りにオープンした。新型コロナ感染拡大の影響で昼間の利用客らが減るなど、3月の売り上げは好調な月に比べ、3割ほど減少したという。

 店長の高木泰輝さん(36)は「昨年5月の開店から順調に来ていたが、こんな形で苦境に立たされるとは…。立地上、家賃も高く、補償を明確に示してほしい」と漏らす。

 出張のため、2週間や1カ月単位の利用客も多い。60室あるうち現在、稼働しているのは20室ほどで、多くは長期滞在者だ。

 高木さんは「休業しないか不安に感じている人もいる。簡単には休めない」と話す。(谷川直生)

【記事特集】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(6月4日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 32℃
  • 16℃
  • 20%

  • 30℃
  • 21℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ