総合 総合 sougou

  • 印刷
会見する神戸市の小原一徳・健康局長(右)と木原康樹・市立医療センター中央市民病院長=11日午前、神戸市役所
拡大
会見する神戸市の小原一徳・健康局長(右)と木原康樹・市立医療センター中央市民病院長=11日午前、神戸市役所

 「神戸市民の最後のとりでとして役割を果たしてきたが、ご心配をかけ、深くおわび申し上げる」。新型コロナウイルスの院内感染が発覚した11日午前、神戸市立中央市民病院の木原康樹院長は、苦渋の表情で頭を下げた。緊急事態宣言に伴って7日、兵庫県内で2カ所の重症患者に対応する「特定病院」に指定されたばかり。基幹病院で医療従事者に感染が拡大し、関係者の間に危機感がにじんだ。

 同病院で新たに感染が判明したのは計13人。入院患者2人のほか、看護師7人や臨床工学技士、ナースエード(看護補助者)、清掃スタッフが感染した。

 同病院によると、今回の感染者には、クラスター(感染者集団)が起きた場所への立ち入りや海外への渡航歴は確認されていないという。

 清掃スタッフを除く12人については、軽症の新型コロナ患者がいる病棟や、既に院内で感染した女性患者が利用していた人工透析室への出入りがあったとみられ、「診療、診察過程での感染が一番考えられる」とした。

 感染予防については、国際的なガイドラインに基づく対策を取ってきたとするが、木原院長は「十分でなかったと考えるのが妥当で、どこに問題が介在したのかが大きな課題」と述べた。患者や職員の検査、ウイルスが付着した場所の検証を進め、消毒の範囲を広げるという。

 同病院は多くの入院患者を抱えるほか、通院患者は1日千人以上と県内有数の医療機関。しかし、感染の可能性があり、自宅待機をしている職員は約100人に上り、安全が確認されるまで病院機能の一部を制限せざるを得ないという。

 すべての機能が回復する時期について病院側は、「できるだけすみやかにとしか言えない」と答えるにとどまった。(岡西篤志、井上 駿)

【記事特集】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(10月29日)

  • 21℃
  • 14℃
  • 10%

  • 18℃
  • 10℃
  • 30%

  • 22℃
  • 13℃
  • 0%

  • 21℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ