総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
約30分で出来上がった布マスク
拡大
約30分で出来上がった布マスク
新聞紙面上の型紙は実物大です。そのまま切り抜いてお使いいただけます。神戸新聞NEXTの「紙面を見る」からご覧ください
拡大
新聞紙面上の型紙は実物大です。そのまま切り抜いてお使いいただけます。神戸新聞NEXTの「紙面を見る」からご覧ください

 新型コロナウイルス感染拡大でマスクの品薄が続いている。医療従事者らへの供給が優先され、一般に出回るのはまだ先のようだ。そんな中、手作りの布製マスクが注目されている。型紙もあり「不器用」を自称する記者にも作ることができ、洗って再利用できるという。手芸店「コトコトコットン」(神戸市垂水区)を営む高橋りえさん(54)に教えてもらった。(記事・佐藤健介、撮影・後藤亮平)

 売ってないなら、作ればいい-。ノウハウを伝える講座が開講され、ネットでもさまざま動画が配信されている。縫い手ボランティアを募る動きもある。ただ、記者は幼い頃から家庭科の裁縫が大の苦手。それでも「こんな自分でできるなら、やってみようという人が増えるかも」と思い、挑戦することにした。

 普段は縁の無い手芸店で緊張していると、高橋さんが「身近な物で誰もが簡単に手作りできます。ミシンは要りませんよ」と声をかけてくれ、少し安心した。

 材料はシーツやおむつなどの材料となるシーチング生地を使用。「コロナの影響で売り切れが相次いでいるガーゼより目地が濃い」と高橋さん。型紙に沿ってはさみで生地を切り抜き、波縫いをして形を整えた。後は袋状の部分にゴムを通すだけ。約30分で出来上がりだ。

 早速装着してみると、鼻の曲線にフィットし、布のぬくもりも心地良い。布はハンカチ、ゴムはパンツの平ゴムなどで代用できるという。気に入った柄をチョイスし、おしゃれを楽しむのもいいだろう。これからも合間を見つけて少しずつこしらえ、家族や友人にプレゼントしよう。

 「小学校低学年の手芸デビューにもぴったり。休校が続く中、親子で楽しんでみては」と高橋さんは勧める。

 コトコトコットンでは、フェイスブックやインスタグラムでも随時情報を公開。TEL078・708・6661

     ◇     ◇

■布マスク(大人用)の作り方

<用意する物>

・シーチング生地(外側の布は長さ約16センチ、幅約30センチ/内側の布は長さ約16センチ、幅約28センチ)

・平ゴム約60センチ

・手縫い用の針と糸、まち針

<作業手順> ★添付画像を参照

【1】外布の裏面に型紙(点線部分)を当て、A、B、Cには1センチ、Dには1.5センチの縫い代を付けて裁断

【2】中表に合わせて型紙を当て口側のカーブ(A)を縫う(マスクの外側完成)

【3】内布も同様に型紙を当て、1センチの縫い代を付け裁断。図【1】の斜線部分も裁断

【4】【2】と同様にしてカーブを縫う(マスクの内側完成)

【5】【2】と【4】を中表に合わせる

【6】【2】【4】で縫った部分を合わせ、縫い代の内側(上の図の点線)を縫う

【7】両脇の開いている部分から表に返す

【8】外布の1.5センチ長い部分を三つ折りに。中にゴムを通し、布端を縫う

     ◇     ◇

新聞紙面には実物大の型紙を掲載。作り方を紹介した動画は神戸新聞NEXTで公開しています。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(10月26日)

  • 20℃
  • 11℃
  • 0%

  • 21℃
  • 8℃
  • 10%

  • 21℃
  • 11℃
  • 0%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ