総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 神戸市は22日、東京の人材紹介会社と連携し、新型コロナウイルスの感染拡大を契機に業務見直しや新規事業創出を図る市内企業を支援する、と発表した。企業と首都圏の副業・兼業人材をマッチングし、市が人件費の半額を補助。外部の視点を交えて課題を解決し、コロナ終息後も見据えた産業振興を後押しする。

 市は3月、都市部の副業・兼業を希望する人材を地方の中小企業に紹介するJOINS(東京)と提携。同社のシステムを活用し、人材と地元企業を引き合わせる取り組みを始めたが、仕組みをコロナ対策支援にも適用する。

 マッチングにより、来店客が減った飲食・小売店のネット通販促進や、IT導入による各業種のテレワーク推進などを想定。マッチングが成立すれば、市が人材の人件費の半額(最大3カ月間、計15万円)を補助する。事業費は最大750万円程度を見込む。

 今回の支援事業とは別に、3月末から同社を介した人材獲得に取り組むコーヒー豆焙煎(ばいせん)卸、萩原珈琲(神戸市灘区)の萩原英治マネジャー(38)は「外部人材に通販サイトの強化を依頼する予定だったが、コロナの影響で飲食店などへの卸が厳しくなっている。一刻も早くマッチングを実現させたい」と話した。

 近く、JOINSのサイト(https://joins.co.jp/news/kobe/)でマッチングを希望する市内企業50社を募集する。(横田良平、中村有沙)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(2月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ