総合 総合 sougou

  • 印刷
満員に近い電車内のシミュレーション想定=理化学研究所提供
拡大
満員に近い電車内のシミュレーション想定=理化学研究所提供

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、神戸・ポートアイランドに整備中のスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」を活用し、電車の中や室内でせきやくしゃみの飛沫(ひまつ)が広がる経路をシミュレーションする取り組みが始まった。走る自動車の周囲の気流をスパコン「京(けい)」で予測した理化学研究所計算科学研究センターの坪倉誠チームリーダー(神戸大教授)らが企画。迅速に分析して、データに基づく提言につなげたいとしている。(霍見真一郎)

 理化学研究所は現在、複数の新型コロナウイルス関連研究に対し、整備中の富岳を優先提供している。坪倉氏によると、飛沫経路を予測するのは、通勤電車とオフィス、教室、病室。

 これまでも、外気の出入りがない部屋でくしゃみの飛沫の広がり方などをシミュレーションした例はあるが、窓を開けたときの気流の変化なども考慮した詳細な計算は初めて。富岳の高い計算力を使うことで、くしゃみのしぶき一粒一粒がどう飛んでいくかを追うことができるという。計算量は従来型予測の数百倍から千倍程度になる見込み。

 例えば通勤電車内の想定では、窓からの風やエアコンのかけ具合で車内の気流がどう変わるか▽混み具合でどれぐらい飛沫の飛ぶ距離が変わるか▽せきやくしゃみをする人がマスクをした効果-などを予測する。

 今後、社会活動を通常の状態に戻したり、夏場にエアコンを利用したりした際に感染拡大が懸念されるため、シミュレーション結果を基に、窓の開閉や効果的な空調の運転、間仕切りの配置などについて、具体的な提言をする予定という。

 坪倉氏は「スピード感を重視して、5月中には電車や教室内などのシミュレーション結果をまとめ、その後、対策となる提言も含め詳細な研究成果を公表したい」と話している。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ