総合 総合 sougou

  • 印刷
抗体検査の研究結果について語る神戸市立医療センター中央市民病院の木原康樹院長=3日午後、神戸市中央区港島南町2(撮影・斎藤雅志)
拡大
抗体検査の研究結果について語る神戸市立医療センター中央市民病院の木原康樹院長=3日午後、神戸市中央区港島南町2(撮影・斎藤雅志)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市民の約4万1千人に新型コロナウイルスの感染歴があると試算した神戸市立医療センター中央市民病院(同市中央区)で3日、木原康樹院長が神戸新聞社の取材に応じた。PCR検査による感染者数の約600倍に相当。この試算を基にすれば死亡率や重症化率はかなり低くなり、木原院長は「緊急事態宣言の解除時期や方法に一石を投じるデータではないか」と語った。

 同病院は、一般外来患者千人(救急や発熱外来を除く)から、別の検査目的で3月31日~4月7日に採取していた血液の抗体を調査。男性489人中16人、女性511人中17人が陽性で、全体の3・3%だった。年齢、性別を考慮して神戸市の人口に換算すると、4万999人に感染歴があることを示し、4月7日時点で同病院が把握していたPCR検査による感染者69人の594倍になる。

 検査対象が患者であるため、健康な市民と比べるには偏りがあるとしても、PCR検査と顕著に違う。木原院長は「5月2日時点の神戸の感染者は260人。試算の4万人超とは隔たりがあり、非常に驚いた」とし、知らない間に抗体ができた人もいると考える。

 また、この試算を前提とすれば、諸外国に比べ重症者や死者はかなり抑えられていると見る。4月7日までのデータであり、「今ならもう少し高い値が出る可能性がある」とする。

 一方で、感染を集団で制御する観点からは抗体の確認が3・3%にすぎず、マスクを外したり、“3密”を解いたりするのはもうしばらくできないという考えも併せて示した。

 木原院長は「臨床現場の情報を発信していくことが重要。その情報を取り上げ、活用していくのは行政や政治の世界の話だ」としている。(霍見真一郎)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(8月16日)

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 36℃
  • 24℃
  • 10%

  • 36℃
  • 28℃
  • 10%

  • 39℃
  • 27℃
  • 10%

お知らせ