総合 総合 sougou

  • 印刷
ハローワーク神戸に設けられている就職氷河期世代専門窓口=12日午前、神戸市中央区相生町1(撮影・中西幸大)
拡大
ハローワーク神戸に設けられている就職氷河期世代専門窓口=12日午前、神戸市中央区相生町1(撮影・中西幸大)
職業訓練や企業求人の情報が並ぶ「応援コーナー」
拡大
職業訓練や企業求人の情報が並ぶ「応援コーナー」

 新型コロナウイルスの感染拡大で、バブル崩壊などで就職難だった「就職氷河期世代」が再び窮地に追い込まれている。昨年から氷河期世代を中途採用する支援が広がっていたが、コロナで一転。業績悪化を理由に、企業から正社員化を白紙にされたり、派遣切りに遭ったりするケースが出ている。

 大阪府内のIT関連企業で契約社員として働く女性(43)=兵庫県尼崎市=は昨年末、上司から「春から正社員にする方針なので、面接を受けてほしい」と相談があった。5年前から営業事務を担当し、正社員と同様にデータ管理などを担ってきた。大学卒業後は非正規の仕事を繰り返してきたが、「これまでの努力が報われる」と感じたという。

 だが、3月に入り状況が一変。コロナウイルスの感染拡大で売り上げが激減し、4月になると正社員にするという話は白紙になった。延期か中止か、まだ決まっていない。

 女性は「結局、私たちの世代の不遇は続く。いつまでも春が来ない」と唇をかみしめた。

 就職氷河期の中心層は30代半ば~40代半ば。バブル崩壊後の1993年~2004年ごろ、新卒で就職活動をした世代を指す。

 国は昨年、氷河期世代への支援を決めた。3年間で正規雇用を30万人増やす目標を掲げ、ハローワークへの専門窓口設置や、失業者らを正社員で雇った企業への助成金などに取り組んでいる。

 兵庫労働局も昨年9月、ハローワーク神戸など県内4カ所に専用相談窓口を開設。4月からは7カ所に拡充し、対応にあたっているが、コロナの感染拡大によりセミナーや企業訪問など催しはすべて中止した。

 県内の窓口には、2月中旬までに200人を超える人が訪問。最近は「勤め先を辞めたのに、転職先の内定を取り消された」「(期間満了前に)派遣切りされそう」などの相談があるという。

 市内のハローワークを訪れた女性(42)は派遣社員として働くが、後輩2人が3月末で契約を打ち切られた。6月末の更新を前に「明日はわが身」と休日に他の仕事も探しに来た。「“コロナ切り”されないよう必死です」(末永陽子)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 40%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ