総合 総合 sougou

  • 印刷
宝塚市役所=宝塚市東洋町
拡大
宝塚市役所=宝塚市東洋町

 兵庫県の宝塚市教育委員会は20日、新型コロナウイルス感染拡大による国の緊急事態宣言が解除された場合、市立小中学校の再開を6月1日から予定し、その際に児童、生徒を午前、午後に分けるなどの分散登校を行うと発表した。学校、教室内の人数を減らして感染防止対策を徹底し、通常より短縮した形で授業を開始する。

 同市教委によると、1人当たり週2~4日程度の登校になる見込み。40人のクラスなら、登校する子どもが20人程度になる。分散の方法は、クラス分割や登校班ごとの登校などが想定されるが、学校ごとに適した形で対応。登校時間を午前と午後に分ける場合、滞在時間は約3時間程度、3コマ程度の授業を実施する。市立幼稚園も時差を付けた登園などとする。

 同市教委は併せて、今月25~29日に1日(2時間程度)の登校園可能日を設けることも決めた。登校可能日や各学校園連絡網などで、分散登校園の方法などについて周知を図るという。

 阪神間では、川西市も市立小中学校を6月1日に再開した場合、分散登校とする方針。詳細は22日に決める。他の自治体も同様の方向で検討している。(大盛周平)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(5月31日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ