総合 総合 sougou

  • 印刷
2019年9月19日の三宮センター街=神戸市中央区
拡大
2019年9月19日の三宮センター街=神戸市中央区
2020年4月26日の三宮センター街=神戸市中央区
拡大
2020年4月26日の三宮センター街=神戸市中央区
2020年5月18日正午すぎの三宮センター街=神戸市中央区
拡大
2020年5月18日正午すぎの三宮センター街=神戸市中央区
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスの感染拡大で減っていた神戸・三宮、元町の平日の人出が増えつつある。ゴールデンウイーク(GW)ごろは感染拡大前の約7割減だったがじわじわ戻り、今週(18~20日)は元町で減少幅が5割を切った。出勤者が増えたとみられ、神戸市は「緊急事態宣言が解除されても、在宅勤務など『新しい生活様式』がどれだけ定着するか」と今後の動向を注視する。

 関西電力などが設置した街中の赤外線センサーで計測し、同市が提供を受けているデータを活用。人通りの多い三宮センター街東端出入り口と、JR元町駅南側の平日の歩行者数を調べた。

 両地点の人出は、兵庫など7都府県に緊急事態宣言が発令された4月7日の2~3週前から減り始めた。2月上旬を感染拡大前の平時とみて比べると、最も減ったのはGW前ごろで、元町で69%減、三宮で67%減だった。人の往来がそれぞれ1日当たり約3万6千人、約2万1千人少なくなった計算になる。

 しかしGW後は一転増加。最新の今月18~20日のデータを2月上旬と比べると、減り幅が元町で49%、三宮で56%まで縮んだ。元町では約1万人の人出が戻ったことになる。

 感染者数の収まりや県による休業要請の緩和、宣言解除の議論が広がったことなどが作用したとみられる。

 また、市営地下鉄三宮駅の乗客数(平日)も、2月上旬と比べると今週は58%減にとどまっているものの、4月末や5月初めは66%減となっていた。

 同市データ解析チームの担当者は、21日の宣言解除に伴って休業要請がさらに緩和され、週末を迎えるため、警戒する。その上で「外出が抑えられていたのは市民に高い意識をもってもらえた結果。行動が元通りにならないよう、今後もデータの分析や発信が必要になる」と話している。(初鹿野俊)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(5月31日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

  • 23℃
  • ---℃
  • 60%

お知らせ