総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
涼しい湿地で咲き誇るクリンソウ=宍粟市千種町西河内
拡大
涼しい湿地で咲き誇るクリンソウ=宍粟市千種町西河内

 絶滅危惧種クリンソウの群生が、兵庫県宍粟市千種町のちくさ湿原で見頃を迎えた。紫色の花が、地表をじゅうたんのように覆っている。

 サクラソウ科の多年草で、兵庫県版レッドデータブックは絶滅の危険が増大しているBランクに指定。同湿原では2012年、住民が「クリンソウを守る会」を結成し、約2キロの遊歩道を設けるなど保護を進めたところ、約15ヘクタールに推計40万株が群生するまでになった。

 今年はコロナ禍のため、開花に合わせたイベントを中止。緊急事態宣言の解除後は遊歩道を開放している。見頃は6月上旬まで。千種市民局TEL0790・76・2210

(小林良多)

総合の最新
もっと見る

天気(7月11日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 80%

  • 30℃
  • ---℃
  • 60%

  • 28℃
  • ---℃
  • 90%

  • 27℃
  • ---℃
  • 90%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ