総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
約2カ月間、停泊した神戸港を出港する日本丸=3日午前、神戸市中央区港島1から(撮影・吉田敦史)
拡大
約2カ月間、停泊した神戸港を出港する日本丸=3日午前、神戸市中央区港島1から(撮影・吉田敦史)
神戸ポートタワーを背に、神戸港を出港した練習帆船「日本丸」=3日午前、神戸市中央区港島1から(撮影・吉田敦史)
拡大
神戸ポートタワーを背に、神戸港を出港した練習帆船「日本丸」=3日午前、神戸市中央区港島1から(撮影・吉田敦史)
ベンガラ染めのメッセージを作成した桜井加津子さん(右上)。仲間らと練習帆船「日本丸」を見送った=3日午前、神戸市中央区新港町(撮影・吉田敦史)
拡大
ベンガラ染めのメッセージを作成した桜井加津子さん(右上)。仲間らと練習帆船「日本丸」を見送った=3日午前、神戸市中央区新港町(撮影・吉田敦史)
約2カ月間停泊していた神戸港を出港した練習帆船「日本丸」=3日午前、神戸市中央区港島1から(撮影・吉田敦史)
拡大
約2カ月間停泊していた神戸港を出港した練習帆船「日本丸」=3日午前、神戸市中央区港島1から(撮影・吉田敦史)

 新型コロナウイルスの影響で約2カ月間、神戸港に停泊していた練習帆船「日本丸」が3日午前、出港した。感染防止のため、船員ら約50人は下船を自粛、異例の長期停泊になった。出港セレモニーはなかったが、熱心なファンが見守る中、静かに横浜港に向かった。

 日本丸は船員を育てる「海技教育機構」(横浜市)が所有し、総トン数2570トン。帆を広げた姿が美しく、写真に撮るファンも多い。これまでも神戸港に入る際には、船内見学会などが催されてきた。

 本来、4月1日から3カ月間、国立小樽海上技術学校など4校の学生115人を乗せて国内で航海訓練を予定していたが、コロナの影響で中止。母港の東京港に泊まっていたが、東京五輪の準備で同港の岸壁を空けることが決まっており、停泊場所に余裕があった神戸港に4月11日から泊まっていた。

 同機構神戸分室によると、2カ月の停泊は例のない長さ。基本的に船員は船内生活だが、休みの日は市街地に出掛け、食事や買い物をして息抜きをする。しかし、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で集団感染があったため、船長はじめ約50人の乗組員はできる限り、下船を控えた。

 神戸市内に自宅がある船員もいたが、帰宅も自粛。人通りの少ない朝夕に船から下りて、周辺をジョギングしてストレスを発散していたという。「先が見通せないまま、船内で過ごす時間は船員にとって苦しかったはず」と同分室。

 出港のこの日は、数十人のファンらが旗などを手に見送りに訪れた。体験航海に参加したことがある男性(72)=大阪府和泉市=は「日本の海運業を担う若者を乗せ、早く大海原を走れるようになってほしい」と話した。

 横浜港に到着後は、同港内の造船所で定期整備を受ける。(堀内達成)

総合の最新
もっと見る

天気(9月27日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 80%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ