総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
飼育員の前田さんを乗せて歩くホルスタインの「ランボルギーニ」=神戸市灘区六甲山町、市立六甲山牧場
拡大
飼育員の前田さんを乗せて歩くホルスタインの「ランボルギーニ」=神戸市灘区六甲山町、市立六甲山牧場
ホルスタインの「ランボルギーニ」=神戸市灘区六甲山町、市立六甲山牧場
拡大
ホルスタインの「ランボルギーニ」=神戸市灘区六甲山町、市立六甲山牧場
飼育員の前田浩樹さんを乗せて悠然と歩くホルスタインの「ランボルギーニ」=神戸市灘区六甲山町、市立六甲山牧場
拡大
飼育員の前田浩樹さんを乗せて悠然と歩くホルスタインの「ランボルギーニ」=神戸市灘区六甲山町、市立六甲山牧場
飼育員の前田浩樹さんを乗せて悠然と歩くホルスタインの「ランボルギーニ」=神戸市灘区六甲山町、市立六甲山牧場
拡大
飼育員の前田浩樹さんを乗せて悠然と歩くホルスタインの「ランボルギーニ」=神戸市灘区六甲山町、市立六甲山牧場

 神戸市立六甲山牧場(神戸市灘区)に、人を乗せる牛のホルスタインがいる。3歳の雌の「ランボルギーニ」。その名の通り、スーパーカーのように爆走-とはいかないが、飼育員の手綱さばきに従って悠然と歩く姿は、まるで馬のようだ。

 「もともと人懐こい性格で、背中やおなかをさすっても嫌がらなかった」と担当の飼育員前田浩樹さん(31)。牧場の馬に交じって、離乳した生後3カ月ごろから人を乗せる訓練を始めたという。

 1年ほどで背中に鞍を着けることができるようになり、水を入れたタンクを人の代わりに乗せて歩けるようになった。2017年秋、前田さんが初めて“乗牛”に挑戦。「落ち着いていて、とても安定していた」と振り返る。

 一緒に飼育されている馬とも仲が良く、背中をなめ合っていることも。前田さんによると、耳の動きも馬と似ているといい、集中した時は上に向かってぴんと立てたりする。

 今後もさらに訓練を重ね、牧場の「乗馬体験コーナー」でのデビューを目指す予定。前田さんは「牛は人間にとって身近な存在。動物と触れ合う一環として乗ってもらうことで、もっと牛を好きになり、関心を持ってもらえたら」と話している。(斎藤雅志)

総合の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 25℃
  • 20%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 37℃
  • 27℃
  • 20%

お知らせ