総合 総合 sougou

  • 印刷
公開された妖怪「アマビエ」を描いた江戸時代の刷り物(京都大学付属図書館蔵)
拡大
公開された妖怪「アマビエ」を描いた江戸時代の刷り物(京都大学付属図書館蔵)
世界各国の怪物たちを紹介する「驚異と怪異」展の会場=23日午前、姫路市本町(撮影・小林良多)
拡大
世界各国の怪物たちを紹介する「驚異と怪異」展の会場=23日午前、姫路市本町(撮影・小林良多)
世界各国の怪物たちを紹介する「驚異と怪異」展の会場=23日午前、姫路市本町(撮影・小林良多)
拡大
世界各国の怪物たちを紹介する「驚異と怪異」展の会場=23日午前、姫路市本町(撮影・小林良多)
開幕した「驚異と怪異」展の会場=23日午前、姫路市本町(撮影・小林良多)
拡大
開幕した「驚異と怪異」展の会場=23日午前、姫路市本町(撮影・小林良多)

 世界中の怪物たちを集めた特別展「驚異と怪異-モンスターたちは告げる」(神戸新聞社など主催)が23日、兵庫県姫路市本町の兵庫県立歴史博物館で始まった。疫病を払うとされる妖怪「アマビエ」が描かれた、唯一現存する江戸時代の刷り物も公開。ユーモラスな姿に、来場者らが新型コロナウイルスの収束を願った。

 国立民族学博物館(大阪府吹田市)の所蔵資料を中心に、竜や怪鳥、一角獣など想像上の生き物を含めて計245点の絵や像が展示されている。コロナ禍のため、当初の予定より約2カ月遅れの開幕となった。

 会場には、オランダの「人魚のミイラ」やメキシコの「虎仮面」など、各国を代表する怪物が並ぶ。アマビエの図は1846(弘化3)年の刷り物で、現存するのはこの1枚のみ。その絵姿を見れば病気を免れるとされ、コロナ禍で注目度が一気に上昇したことからスペースを広げて展示している。

 姫路市から訪れた男性(80)は「青森の娘が先月、アマビエをかたどったねぷたの写真を送ってくれた。私が実物を見たから、わが家は安心ですね」とほほ笑んだ。

 8月16日まで、原則月曜休館。大人千円。同館TEL079・288・9011

(平松正子)

総合の最新
もっと見る

天気(8月8日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ