総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
青々とした葉を伸ばすつりしのぶ=宝塚市境野
拡大
青々とした葉を伸ばすつりしのぶ=宝塚市境野
青々とした葉を伸ばすつりしのぶ=宝塚市境野
拡大
青々とした葉を伸ばすつりしのぶ=宝塚市境野
青々とした葉を伸ばすつりしのぶ=宝塚市境野
拡大
青々とした葉を伸ばすつりしのぶ=宝塚市境野
青々とした葉を伸ばすつりしのぶ=宝塚市境野
拡大
青々とした葉を伸ばすつりしのぶ=宝塚市境野

 夏本番を前に、兵庫県宝塚市境野の「つりしのぶ園」では、軒先などにつるして涼感を楽しむ「つりしのぶ」が出荷のピークを迎えている。8月中旬までにおよそ7千個が全国の花市場に送られる。

 江戸時代から続くとされる園芸品。球状の土の中にシダの一種「シノブ」の苗を植え込み、屋外などにつるしながら水やりや草引きをして1年半以上育てる。

 同園では、直径6~80センチのつりしのぶを計約5千平方メートルの敷地で栽培。梅雨の合間の柔らかな日差しを受け、土の中からは青々とした葉が幾つものぞいている。

 新型コロナウイルスが影を落とす今年の夏。園主の市原誠さん(74)は「玉型は仏教の世界では病魔を払う縁起の良い形とされる。自宅にいながらでも風情を楽しんでほしい」と話している。商品は約1500円から。つりしのぶ園TEL090・6977・7608

(風斗雅博)

総合の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 27℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 90%

  • 26℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ