総合 総合 sougou

  • 印刷
アマビエが題材の新作能を書き上げた能楽師の上田敦史さん=丹波市
拡大
アマビエが題材の新作能を書き上げた能楽師の上田敦史さん=丹波市
アマビエをイメージした能楽師の装束=西宮市内(上田敦史さん提供)
拡大
アマビエをイメージした能楽師の装束=西宮市内(上田敦史さん提供)
版画家、渡辺トモコさんの作品「アマビエ」
拡大
版画家、渡辺トモコさんの作品「アマビエ」

 兵庫県丹波市の能楽師、大倉流小鼓方の上田敦史さん(47)が、疫病封じの妖怪として人気を集める「アマビエ」を題材にした新作能を書き上げた。その名も「アマビエ」。今後、兵庫県内のプロ能楽師が作品を演じた動画を配信する予定という。新型コロナウイルスへの不安がいまだ社会を覆う中、上田さんは「今こそ芸能が頑張らないと」と意気込む。(真鍋 愛)

■来月動画撮影 無償公開へ

 コロナの影響で、舞台の予定が相次いで流れたという上田さん。ピンチをチャンスに変えようと、空いた時間で新作能の創作に取り組んだ。地元の版画家、渡辺トモコさん(49)=同市=が手掛けたアマビエのポストカードを見てイメージを膨らませ、5月中旬に1日で書き上げたという。主役もアマビエと名付けた。

 物語は冒頭、大臣の語りで進行する。主役アマビエの「私の姿を書き写して世の中に広めれば、疫病が退散する」という教えに従うと、病が収束。大臣は感謝の舞楽を奉納する。

 すると海からアマビエが現れ、「私の姿を心にとどめよ。苦難は常に世にあるが、力を合わせ乗り越えようとする人の力を信じる」などと語る。最後は再び海に帰るシーンで幕を閉じる。

 見どころは、アマビエが自らの姿を人の目に焼き付けようと舞うシーン。アマビエをイメージした装束をまとった能楽師が演舞する。舞台に代わる映像を収める動画は7月に西宮市内で撮影する予定で、無償での公開を検討している。

 上田さんは「本当は生の上演を見てほしいが、今はまだかなわない。動画を通じて、多くの人がアマビエの姿を目にとどめられるようにしたい」と話す。

■装束、能面に“らしさ”表現

 上田敦史さんが書き上げた新作の能で、主役を演じるシテ方の装束には、アマビエを想起させるこだわりのポイントが、数多く含まれている。

 まずは、装束の一番下に着る「着付」。金色の三角模様は、アマビエのうろこを表現している。「半切」というはかまの文様は「青海波(せいがいは)」で、海から現れるアマビエにぴったりの柄だ。

 能面は、人知を超えた存在を表す「泥眼(でいがん)」。漆黒の長髪は、版画家渡辺トモコさんのアマビエ画にちなんでいる。

 装束は全体的につやがあり、何だか神秘的。主役アマビエの登場シーンでは、思わず手を合わせちゃうかも。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 27℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 90%

  • 26℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ