総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 衆参両院は30日、国会議員の2019年分の所得に関する報告書を公開した。対象は653人。1人当たりの平均所得は2427万円で、前回18年分の公開時より230万円減った。減少は4年ぶり。首位は、前回2位だった自民党の元栄太一郎参院議員で8億4502万円。1億円超は3人で、いずれも自民党だった。5千万円超は10人だった。

 兵庫県関係の国会議員は、衆参合わせて19人が所得を報告。1人当たりの平均所得総額は前年比10万円増の2092万円となり、大臣や副大臣などの役職に就いた議員が平均額を押し上げた。所得総額の平均が2千万円台に上ったのは4年連続。所得総額の最多は西村康稔衆院議員(自民、兵庫9区)の2693万円で、歳費や経済再生担当相の給与、テレビ出演料などの所得があった。

総合の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 27℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 90%

  • 26℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ