総合 総合 sougou

  • 印刷

 兵庫県立消費生活総合センターは、国民1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」を巡り、自治体などを装ってマイナンバーカードの番号など個人情報を聞き出そうとする偽メールが増えているとして、注意を呼び掛けている。

 同センターへの相談では、70代の女性が、自治体を装ってマイナンバーカードの番号を入力するよう促すメールを受け、定額給付金関係と思い込み入力したケースがあったという。また60代の女性宅に男が訪れ、「ボランティアで申請を手伝っている」と生活状況や通帳の情報を聞き出そうとしたこともあったという。

 ほかにも銀行を装った偽メールが届いたなどの相談もあり、同センターは「自治体がメールで給付金の入力依頼をすることはない。給付金の代理申請を持ちかける詐欺もある。不審なメールや訪問は無視してほしい」としている。

 同センターTEL078・303・0999

(藤井伸哉)

総合の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ