総合 総合 sougou

  • 印刷
葉が白くなり、涼感を誘うハンゲショウ=1日午前、神戸市北区しあわせの村
拡大
葉が白くなり、涼感を誘うハンゲショウ=1日午前、神戸市北区しあわせの村

 1日は、夏至から11日目にあたる「半夏生(はんげしょう)」。田植えが一段落する時期とされる。神戸市北区の総合福祉施設「しあわせの村」では、同じ名前の植物「ハンゲショウ」が涼しげな風情を漂わせている。

 ドクダミ科の多年草。葉の一部が白く染まり、半分だけ化粧をしているように見える。兵庫県版レッドデータブックでは、存続基盤が脆弱(ぜいじゃく)な「Cランク」に指定されている。

 同施設では「ふれあいの門」南側などに計約500株が植わる。見頃は今月半ばごろまでという。

 家族で訪れた同市北区の男性(79)は「季節の変わり目を感じられ、ほっとする」と話した。

 しあわせの村TEL078・743・8000

(辰巳直之)

総合の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ