総合 総合 sougou

  • 印刷
お母さんとの散歩で笑顔の泉ちゃん(1)
拡大
お母さんとの散歩で笑顔の泉ちゃん(1)
線路のおもちゃで遊ぶ誠仁ちゃん(1)
拡大
線路のおもちゃで遊ぶ誠仁ちゃん(1)

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の解除を受け、学校や幼稚園、保育園が再開されて約1カ月がたちました。長い休みでのんびり過ごしていた子どもたちも多く、「早起きして準備しなくちゃ」と慌ただしく感じたり、「何かしんどいなぁ」と気持ちが疲れてしまったりすることも。親としても気がかりなことが増えます。最近の子どもの様子を教えてください。

■顔覚えられない

 三女がこの春小学1年生になりました。休校が明け、学校に通い始めましたが、体力が落ちていたのか「だるい」と口にすることが増えました。また、マスクをしているので友達の顔と名前がなかなか覚えられず、苦労したようです。給食中も友達とのおしゃべりを控えないといけないそうで、ちょっとかわいそう。1カ月がたち、少し慣れたようですが、参観日や行事がないと、学校での娘の様子が分からず正直不安もあります。(神戸・須磨、主婦、44/子ども=12歳女、9歳女、6歳女)

■学校も習い事も

 休校が明け、習い事も一気に再開したので、子どもたちはペースをつかむのに時間がかかったようでした。ずっと水泳を頑張っていた息子が、長い休みでモチベーションが下がったのか、「水泳やめようかな」と言い始めて驚きました。小学1年になった娘はマイペースで、勉強についていくのが大変そう。最近は「ちょっと休んでから宿題する」とお疲れ気味です。2人とも給食を楽しみにして、頑張っています。(三木、主婦、47/子ども=10歳男、6歳女)

■勉強するように

 学校の宿題も気分が乗らなければやらなかった息子。休校中は時間がたっぷりあったので勉強に取り組みだしました。今ではちゃんと宿題をするように。1年生になった娘は息子とは対照的で、いっぱい遊べていたのに勉強が始まり「嫌だ」とこぼしています。毎日、登校や宿題で慌ただしくなり、ペースをつかむのは大変です。でも、休校中に仲良くなった友達もいて、その点では心配していません。(神戸・灘、自営業、女、40/子ども=11歳男、6歳女)

■気持ちリセット

 幼稚園に通う娘は、年中の時、友達から言われたことにショックを受けて落ち込んでいる時期がありました。家は大好きでしたが、休園中は家族とずっと一緒にいたせいか、イライラすることもあり…。園の再開前に先生が「やっと会えるね、待ってるよ」と掛けてくれた言葉のおかげで、登園を楽しみに待つようになりました。今は落ち着いた様子で通っています。休園で気持ちをリセットできたのかも。(神戸・垂水、パート、女、39/子ども=12歳男、5歳女)

■行事減って窮屈

 小学2年の次男は、1年の時から学校に通うのがしんどそうでした。先生に「トイレは休み時間に行くように」と言われ、ひどい頻尿になってしまったことも。休校中は精神的に落ち着いていましたが、6月の登校初日に「楽しくなかった」と帰ってきてからは、「行く意味がないな」と思い通わせていません。行事や体験学習を減らし、勉強を進めることに気を取られていては窮屈になるだけだと思います。(神戸・西、主婦、43/子ども=13歳男、10歳女、7歳男)

総合の最新
もっと見る

天気(8月12日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 25℃
  • 40%

  • 35℃
  • 28℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ