総合 総合 sougou

  • 印刷
校門前に花を供え、追悼の言葉を述べる参加者=6日午前、神戸市西区美賀多台9、神戸高塚高校(撮影・吉田敦史)
拡大
校門前に花を供え、追悼の言葉を述べる参加者=6日午前、神戸市西区美賀多台9、神戸高塚高校(撮影・吉田敦史)
校門前に花を供え、追悼の言葉を述べる参加者=6日午前、神戸市西区美賀多台9、神戸高塚高校(撮影・吉田敦史)
拡大
校門前に花を供え、追悼の言葉を述べる参加者=6日午前、神戸市西区美賀多台9、神戸高塚高校(撮影・吉田敦史)
校門前に花を供え、追悼の言葉を述べる参加者=6日午前、神戸市西区美賀多台9、神戸高塚高校(撮影・吉田敦史)
拡大
校門前に花を供え、追悼の言葉を述べる参加者=6日午前、神戸市西区美賀多台9、神戸高塚高校(撮影・吉田敦史)

 兵庫県立神戸高塚高校(神戸市西区)で、遅刻指導中の教師が閉めた校門に1年生の女子生徒=当時(15)=が挟まれ死亡した事件は6日、発生から30年となった。校門前では市民団体が追悼集会を開き、約20人が黙とう。同校内でも校長が教職員に訓示した。

 市民団体「生命の管理はもうやめて!」が実施。校門前にカーネーションを並べて、生徒たちの登校を見送った後、発生時刻の午前8時半に黙とうした。

 その後、参加者が30年間の思いを語った。女子生徒の1学年上だった卒業生の女性(46)=同市垂水区=は、「私は家族を持ったが、女子生徒の時間は止まったまま。当時、校長が語った『あと10分早ければ、事故は起きなかった』という言葉への違和感は消えない」と語った。

 同校の職員会議でも教員ら約40人が黙とう。仲山恵博校長(57)が「二度とあってはならない事故。目の前の生徒一人一人を大切にしてほしい」と述べた。

 事件は1990年7月6日に起こった。懲戒免職となった男性教諭は、業務上過失致死罪で執行猶予付きの有罪判決が確定。厳しい指導や校則で生徒を縛る実態が論議を呼び、管理教育の見直しが進んだ。(井上 駿、斉藤絵美)

総合の最新
もっと見る

天気(8月7日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 34℃
  • 26℃
  • 40%

  • 35℃
  • 27℃
  • 10%

  • 36℃
  • 26℃
  • 20%

お知らせ