総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 ひこ星と織り姫のような運命の出会いを-。独身男女のお見合いを仲介する兵庫県の「ひょうご出会いサポートセンター」が七夕の7日、スマートフォンでお見合い相手を選べるシステム「スマホ婚活」を導入する。これまでは、11カ所の拠点でしか相手の写真確認や申し込みなどができなかったが、新型コロナウイルス対策の「新たな生活様式」にも合わせた新システムで大幅な利便性向上を図る。

 同センターは県民局や県民センターがある10地域と東京に拠点があり、2010年度に会員制の「ひょうご縁結びプロジェクト」をスタート。約900組が成婚し、19年度は男女計4176人が登録している。

 システムは、「拠点に行くのは面倒」などの利用者の声を受けるとともに、新たな生活様式を推進するために導入。行政主導の婚活事業で同様の仕組みを導入する例は少ないという。

 会員は、従来必要だった予約制の拠点訪問が不要になり、24時間どこでもお見合い相手の検索が可能。写真や年齢、職業などの希望項目で絞り込む。

 ひこ星と織り姫は仲が良すぎて仕事を怠け、1年に1度だけしか会えなくなってしまった七夕伝説。同センターは「仲の良さを見習いつつ、毎日一緒に過ごせるような運命の出会いを応援したい」とアピールする。

 対象は20歳以上の独身男女。会費は年間5千円(20代は3千円)。同センターTEL078・891・7415

(藤井伸哉)

総合の最新
もっと見る

天気(8月9日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ