総合 総合 sougou

  • 印刷
市民らの合唱を重ね合わせた「瑠璃色の地球」の動画
拡大
市民らの合唱を重ね合わせた「瑠璃色の地球」の動画
8年前に神戸に拠点を移した松本隆さん=神戸市内(撮影・大山伸一郎)
拡大
8年前に神戸に拠点を移した松本隆さん=神戸市内(撮影・大山伸一郎)

 〈♪夜明けの来ない夜は無いさ〉 歌手・松田聖子さんが34年前に歌った「瑠璃(るり)色の地球」が今、動画投稿サイト「ユーチューブ」で再び脚光を浴びている。プロだけでなく、大勢の市民も参加して歌いつないでいく「瑠璃色の地球~コーラス」と題した動画。この曲を作詞し、現在は神戸で活動する松本隆さんの呼び掛けで生まれた。世界が新型コロナウイルスの猛威にさらされる中、明るい未来を示す曲として多くの人の共感を集める。(津谷治英)

 拠点を神戸に移し、作詞家活動50周年を迎えた松本隆さんが、「世の中に希望を届けたい」と、音楽仲間に相談したのがきっかけ。歌い手を公募したところ、200人以上が手を挙げた。編集して動画は計4本制作された。

 女性のソロで始まり、男性ギターの弾き語りが重なる。さらに年配の男女も加わって歌声はつながり、力強い合唱へと発展していく。松本さんは「プロ、アマ、性別、年齢を問わず、多くの人が参加してくれた。神戸発の力強い動画が完成した」と喜ぶ。

 もともとは松田聖子さんに提供し、1986年のアルバム「SUPREME」に収録された。その後も歌手の中森明菜さんらがカバーし、近年はアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の挿入曲として、人気女優の広瀬すずさんも歌った。市民向けにコーラス曲にも編曲され、息長く歌い継がれてきた。

 創作当時、環境破壊が社会問題化していた。それを止めようと歌う詞は、今聞くと、新型コロナ感染の恐怖、不安の中にいる人々へのメッセージとも映る。

 テレビの音楽番組でこの曲を歌った女優で歌手の上白石萌音(かみしらいしもね)さんは、「今のために書いたのではないかと思うくらいの言葉が詰まっている」とコメントした。

◇11日から朝刊文化面で、松本隆さんの作詞家生活50年を振り返る連載「松本隆の原風景」を始めます。

総合の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ