総合 総合 sougou

  • 印刷
街に向かう交通機動隊の隊員ら=神戸市兵庫区松原通4
拡大
街に向かう交通機動隊の隊員ら=神戸市兵庫区松原通4

 兵庫県内でバイク事故の死者数が増加傾向となっている。昨年は15人だったが、今年は6月末時点ですでに13人。例年7月はバイク事故が増えるため、兵庫県警は白バイで速度違反などの取り締まりを強化する。

 7月はバイクの運転に適した季節で、死者数も増える。過去5年間の月別の死者数をみると、7月は計23人で、最も少ない3月の計3人に比べ突出している。

 今年の状況について県警交通機動隊は「新型コロナウイルスの影響で交通量が減り、ついついスピードを出し過ぎてしまうことが原因かもしれない」と推測。カーブを曲がり切れず、コンクリート支柱に衝突したケースなどがあるという。

 事故を食い止めようと同隊では、計53台の白バイが、出勤途中のバイクを中心に交差点付近で目を光らせるという。(堀内達成)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ