総合 総合 sougou

  • 印刷
「KOBE_TV」で「西宮・伝統芸能の夕べ」を告知する動画の一場面
拡大
「KOBE_TV」で「西宮・伝統芸能の夕べ」を告知する動画の一場面
公演とライブ配信への意気込みを語る梅若基徳さん=西宮神社
拡大
公演とライブ配信への意気込みを語る梅若基徳さん=西宮神社

 幽玄の境地を動画でライブ配信-。兵庫県西宮市在住の観世流シテ方能楽師、梅若基徳(もとのり)さん(55)らが8月10日夜、西宮神社(同市社家町)で能「羽衣」を演じる。新型コロナウイルス感染拡大により公演中止が続いた中で、感染防止策を取りながら「西宮・伝統芸能の夕べ」と題して初開催。「幸せを振りまく」演目を選び、神戸新聞グループの企業ジェッソが手掛ける動画サイト「KOBE_TV」で国内外に有料配信する。(小林伸哉)

 今春以降、梅若さんらの公演は続々と中止に。「今こそ芸術で『生きる力』を培いたい」と、西宮能楽堂(西宮市鳴尾町3)を運営する一般財団法人「日本伝統芸術文化財団」が主催する。毎夏、さまざまな芸能を披露し、西宮の夏の風物詩にしたいという。

 新緑が美しい拝殿前に特設舞台を設け、観客同士の距離を保って105席を並べる。座席のチケットは販売から約10日間で完売。世界中に魅力を発信するため、能楽では前例の少ない動画配信を決めた。

 当日はカメラ3台で撮影。能の世界ではただでさえ珍しい動画配信をライブで行う取り組みに、梅若さんは「新型コロナがあってこその発想。ピンチをチャンスに変えたい。反応が楽しみです」と意気込む。

 「羽衣」では、松原に舞い降りた天女と正直者の漁師白龍が触れ合う。「人と異文化との関わり、その美しさを感じてもらいたい」。天女が美しい舞を見せ、最後に七宝を振りまく。「気持ちがすっきりする面白さがある名曲。幸せな気持ちになってほしい。それが芸術の一番の力」と話す。

 動画視聴のチケットはシステム手数料も含めて2100円。20日から「KOBE_TV」のサイトを通じて販売する。公演を録画した動画も期間限定で視聴できる。7月15日から梅若さんのインタビューを交えた告知映像も紹介中。ジェッソTEL078・366・6605

総合の最新
もっと見る

天気(8月14日)

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 38℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ