総合 総合 sougou

  • 印刷
「紫電改」の模型の前で戦時中の記憶をたどる笠井智一さん(左)=15日午後、加西市鶉野町
拡大
「紫電改」の模型の前で戦時中の記憶をたどる笠井智一さん(左)=15日午後、加西市鶉野町
太平洋戦争中の笠井さん
拡大
太平洋戦争中の笠井さん

 「立派な戦闘機。日本一の戦闘機。ただ、悲しみがこびりついておる」。太平洋戦争中、日本海軍の航空兵だった笠井智一さん(94)=兵庫県伊丹市=の声が上ずった。15日、同県加西市の鶉野(うずらの)飛行場跡地で、戦闘機「紫電改」の実物大模型と念願の対面を果たした。終戦から75年。操縦かんを握った当時の記憶が薄れゆく中、戦死した仲間への思いがあふれた。(小川 晶)

 「ああ、これです、これです。そのもんです」。模型が展示された倉庫に足を踏み入れた笠井さんが、全長約9メートル、幅約12メートルの深緑色の機体に目を見張った。

 昨年6月の展示開始以降、ずっと見学を希望し、体調の具合などからこの日までずれ込んでいた。知人で、模型の展示に尽力した戦史研究家の上谷昭夫さん(81)に付き添われ、翼や胴体、プロペラに触れて回りながら、力強くうなずく。「自分が乗って、命を懸けた紫電改。忘れるわけがない」

   ◇

 笠井さんは1926(大正15)年、兵庫県多紀郡福住村(現・丹波篠山市)の農家に生まれた。旧制鳳鳴中(現・篠山鳳鳴高)から航空兵を養成する飛行予科練習生に。戦闘機の操縦員として44(昭和19)年3月からグアムやフィリピンなどを転戦し、同年末、本土の防空を担う部隊発足に伴い愛媛県松山市に移った。

 その部隊で、米軍の爆撃機B29などに対抗するために優先配備されたのが川西航空機(現・新明和工業)製の紫電改だった。加西の同社鶉野工場でも組み立てられ、隣接する飛行場で試験飛行が実施されていた。

 笠井さんが振り返る。「ええ機体でしたよ。(既存の戦闘機だった)零戦と違ってスピードも速いし、操縦しやすかった」

 だが、戦局は変わらなかった。紫電改は、圧倒的な物量を背景に空襲を続ける米軍との戦闘で被害が相次ぎ、部隊発足時の飛行隊長3人が全員戦死するなど、多くの操縦員が命を落とした。燃料の質も悪く、B29に追い付けないまま基地に戻ることもあったという。

   ◇

 普段から愛用する略帽姿で見学を終えた笠井さんは、同行した家族らと記念写真に納まった。「来られてよかった。ほんまによかった」と笑顔で繰り返したが、戦死した同僚に話が及ぶと、表情が険しくなった。

 戦後ずっと、「戦争だから人が死ぬのは当たり前」と自分を納得させてきた。だが今も、亡くなった仲間の顔が浮かんでくるという。

 「怒り…じゃないな。憤りでもない。若い人が命を落とした悲しみやな」。模型と対面し、胸中によぎる思いをこう表現した笠井さん。紫電改の実戦経験者で現在も健在なのは、ほかに1人か2人という。

総合の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ