総合 総合 sougou

  • 印刷
井戸敏三知事(右)から要望書を受け取る西村康稔・経済再生担当相=19日午前、神戸ポートピアホテル(撮影・鈴木雅之)
拡大
井戸敏三知事(右)から要望書を受け取る西村康稔・経済再生担当相=19日午前、神戸ポートピアホテル(撮影・鈴木雅之)

 新型コロナウイルス感染症対策を担う西村康稔経済再生担当相=自民・衆院兵庫9区=が19日、神戸市内で、井戸敏三兵庫県知事や県内経済団体、県医師会の幹部らと意見交換した。

 井戸知事は、感染拡大時の休業要請・指示に関する法整備など関連特措法の見直しを要請した。西村氏は「特措法の法体系全体を、より実効性ある形で考えていきたい」と応じた。神戸商工会議所や神戸経済同友会などからは「地域経済へのダメージは大きい。感染予防との両立が図られるような対策を」と求められた。

 また、県医師会の空地顕一会長は「モチベーションを高めて次に備えるためにも、しっかりとした財政支援を」などと要望。西村氏は、兵庫県の感染状況に「警戒感を高めていかなければならない」とした上で、「病床態勢が逼迫した時の経験を生かし、医療提供体制に万全を期したい」と述べた。

 また、神戸・ポートアイランドに整備中のスーパーコンピューター「富岳」や、医療用ロボット開発のメディカロイドが手掛けるPCR検査の関連ロボットを視察した。(上杉順子、井川朋宏)

総合の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ