総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
姫路城の背景を彩る花火=24日夜、姫路市南駅前町のホテル日航姫路から(撮影・吉田敦史)
拡大
姫路城の背景を彩る花火=24日夜、姫路市南駅前町のホテル日航姫路から(撮影・吉田敦史)
姫路城の背景を彩る花火=24日夜、姫路市本町の美樹ビルから撮影
拡大
姫路城の背景を彩る花火=24日夜、姫路市本町の美樹ビルから撮影

 延期された東京五輪が当初開幕する予定だった日に合わせ、新型コロナウイルスに沈む日本を元気づけようと24日夜、全国47都道府県約120カ所で一斉に花火が打ち上げられた。兵庫県内では、姫路市の陸上自衛隊姫路駐屯地から53発が上がり、城下町の夜空を焦がした。

 日本青年会議所が企画。花火大会の中止が相次ぐ中、花火業者の支援も兼ねる。「3密」を避けるため、具体的な打ち上げ場所は非公表で実施した。

 世界文化遺産・国宝姫路城に小雨が降る午後8時、3発の大玉を皮切りに、白い城を彩るように、パステルカラーや金銀の連続花火がきらめいた。

 姫路青年会議所の竹田浩章理事長(38)は「きょうは日本中が歓喜するはずだった日。閉塞感もあるが、前を向いていこうというメッセージになれば」と話した。(井上太郎)

総合の最新
もっと見る

天気(9月21日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ