総合 総合 sougou

  • 印刷
記者会見で発表する平田オリザさん(右)と中貝宗治市長=豊岡市日高町日置
拡大
記者会見で発表する平田オリザさん(右)と中貝宗治市長=豊岡市日高町日置
感染症対策のガイドラインを手にする平田オリザさん(右)と中貝宗治市長=豊岡市日高町日置
拡大
感染症対策のガイドラインを手にする平田オリザさん(右)と中貝宗治市長=豊岡市日高町日置

 兵庫県豊岡市などは30日、9月に開催する「豊岡演劇祭」の概要を発表した。全国的に新型コロナウイルス感染拡大が続く中、参加アーティストには原則としてPCR検査を義務付け、感染がさらに拡大すれば首都圏などからの観客来場を断る対応も検討。チケット販売は但馬在住者に限定して開始し、状況に応じて販売地域を拡大するとした。

 9月9~22日、城崎国際アートセンターなど7会場で10団体による公式プログラムを実施。竹野海岸や神鍋高原など屋外を含む周辺会場での「フリンジプログラム」は24団体が小規模な公演を行う。

 劇作家平田オリザさん主宰の青年団は3作品を上演する。演劇界の芥川賞といわれる岸田国士戯曲賞を今年受けた市原佐都子さんの作品を上演する東京の演劇ユニット「Q」や、4月に亡くなった青年団の俳優志賀廣太郎さん演出のコメディーも登場。ダンスや室内オペラなど多彩な舞台を披露する。

 フェスティバルディレクターの平田さんは「アーティストからの感染がないよう万全の対策を行う」と強調。各会場の座席数を半数以下にして、観客は延べ3500人以下とする。チケット販売開始日の8月8日から当面は但馬限定で販売。そのまま但馬のみになる可能性もある。インターネット配信も準備している。

 中貝宗治市長は「市にとっては地方創生の推進力として、アートにとっては復活の灯になるためにも実行したい」と述べた。(石川 翠)

総合の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ