総合 総合 sougou

  • 印刷
撤去されることが決まった辰馬本家酒造の「白鹿」の看板=西宮市久保町から(撮影・風斗雅博)
拡大
撤去されることが決まった辰馬本家酒造の「白鹿」の看板=西宮市久保町から(撮影・風斗雅博)

 清酒「白鹿」の蔵元である辰馬本家酒造(兵庫県西宮市)が、貯蔵庫「戎蔵」(同市浜町)の屋上にある銘柄入りの看板を撤去することになった。老朽化した建物を解体するためで、半世紀以上親しまれてきた地元のランドマークは9月にも姿を消す。

 看板は直径10・44メートルの円形。赤地に銘柄ロゴが白抜きであしらわれ、夕方から午後10時半まで電飾が紅白に輝く。貯蔵庫は1964年に醸造蔵として完成し、看板は当初から屋上に設けられた。69年に今の電飾式になった。

 阪神・淡路大震災では、本社敷地内に六つあった木造の酒蔵がいずれも倒壊、破損した。しかし、鉄筋コンクリート造りの戎蔵は難を逃れ、看板も無事だった。戎蔵は93年に貯蔵庫に転用され、建物自体の老朽化も進んだことから、看板とともに取り壊すことに。解体後の跡地利用は未定という。

 夜間の電飾は8月16日まで。解体工事は9月上旬ごろに始める予定で、作業に入ると看板は工事用シートで覆われ、見られなくなる。

 同社が看板撤去を公表してから「いつも見ていた」「無くなったら寂しい」などの声が寄せられているという。広報担当者は「改めて地元の人に愛されてきたことを実感している」としている。(中村有沙)

総合の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ