総合 総合 sougou

  • 印刷
抗菌・抗ウイルス加工済みのステッカー(右上)=山陽電鉄提供
拡大
抗菌・抗ウイルス加工済みのステッカー(右上)=山陽電鉄提供

 山陽電気鉄道(神戸市長田区)は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、同社の全車両(計211両)に抗菌・抗ウイルス加工を施すと発表した。7月中旬から始め、10月中旬に終えるという。

 同様の取り組みは、JR西日本の在来線や、阪神電鉄、阪急電鉄でも始まっている。

 抗菌・抗ウイルスは大阪市のメーカーが手掛ける。新型コロナへの効果は実証されていないが、インフルエンザウイルスなどを無害化する効果が3~5年持続するとされる。車両の座席や握り棒、つり革をコーティング加工し、加工済みの車両には扉横にステッカーを張る。

 同社ではこのほか乗車率ピークの時間帯をホームページで公開し、時差出勤の呼び掛けや窓を開放しての換気、定期的な車内のアルコール消毒などを実施している。(前川茂之)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(1月28日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 12℃
  • 3℃
  • 50%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ