総合 総合 sougou

  • 印刷
荒木一聡副知事(左)に医療用ガウンを手渡す兵庫県鞄工業組合の由利昇三郎理事長(左から2人目)ら=兵庫県庁
拡大
荒木一聡副知事(左)に医療用ガウンを手渡す兵庫県鞄工業組合の由利昇三郎理事長(左から2人目)ら=兵庫県庁

 新型コロナウイルス患者を受け入れる病院を支援するため、豊岡かばんのメーカーでつくる兵庫県鞄(かばん)工業組合(豊岡市)は31日、会員企業などが製造したナイロン製のガウン約2千枚を兵庫県に寄贈した。洗って繰り返し使えるという。

 同組合は国の事業に参加し、不織布の医療用ガウンを製造している。10月末までに104万枚を厚生労働省に納品予定。縫製技術を生かし、かばんの需要が激減する中で雇用の維持にもなっているという。

 これとは別に、独自にナイロン素材を調達し、県への寄贈用を作った。同日、幹部らが県庁を訪れ、由利昇三郎理事長は「感染が再び増えている。役に立てばありがたい」。対応した荒木一聡(かずあき)副知事は「保管して有効に活用したい」と話した。(森 信弘)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ