総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県内では1日、新たに32人の新型コロナウイルス感染が判明した。5日連続で30人を超え、累計患者は1252人になった。但馬地域で初の感染が確認され、県は同日までに10人の感染が確認された稲美町の事業所でクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

 県所管分の感染確認は7人。但馬地域の感染者は県朝来健康福祉事務所管内(養父市、朝来市)の60代男性で26日に発熱し、軽症という。感染経路は調査中。

 稲美町の事業所関連では、県が明石市に住む20代の男性従業員の感染を新たに確認した。同僚5人で7月中旬に大阪・難波のクラブを訪れており、この中から複数の感染者が出ている。

 また、県立ピッコロ劇団(尼崎市)は1日、団員1人の感染を発表した。尼崎市が発表した20代男性で、7月27日に発熱した。

 神戸市は10歳未満~50代の男女12人の感染を発表した。姫路市は20~70代の男女3人の陽性を確認。70代の女性会社員は肺炎の症状が出て、県内の感染症指定医療機関に入院している。

 尼崎市は7人で、20代と50代の男女。いずれも軽症で、5人が20代だった。西宮市は20~70代の男女3人。全員軽症という。(まとめ・上杉順子)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ