総合 総合 sougou

  • 印刷
渡辺元樹部長
拡大
渡辺元樹部長

 新型コロナウイルス感染防止に気を付けながらレジャーや観光を楽しむにはどうしたらいいでしょうか。神戸市内の観光施設での対策を進める神戸観光局(神戸市中央区)の渡辺元樹観光部長(42)に、各施設の対策や利用者の心構えを聞きました。

 -神戸観光局ではどんな取り組みを?

 「新型コロナウイルスの影響を受け、どこも観光業は厳しい状況にあります。『ウィズ・コロナ(コロナとの共存)』の段階に入って、宿泊施設や飲食店でもしっかりとした感染症対策が求められています。観光局は防止策について独自のチェックリストを作り、賛同する施設に“宣言書”を発行しています。他施設の取り組みの見学会や医師らを招いた研修会も実施しました」

 -チェックリストにはどんな項目がありますか。

 「利用者や従業員のマスク着用、来場時の検温、対面時の飛沫(ひまつ)防止、換気、接客時間の最小化など10項目があります。チェックを入れて掲示することで各施設が取り組む防止策を『見える化』し、安全や安心を発信する狙いです。賛同する飲食店やホテルなどは現在約180施設。ホームページ上で公開しているので、利用の目安にしてください」

 -その他の施設の取り組みを知りたい場合は?

 「直接施設に問い合わせてみてください。入場制限を設けている場合もあり注意が必要です。ホームページで感染防止の取り組みを発信している施設も多いので下調べしてください」

 -出掛けると感染リスクは高くなる。

 「当然、対策していても絶対安全ということはあり得ません。状況は日々変わるので兵庫県が発表する情報や社会情勢は注視してください。無理のない計画で、地元の良さを再発見する機会と捉えてほしいです」

■感染拡大地への移動は控えて 【兵庫県感染症対策課・西下重樹課長の話】

 特に市中感染が拡大している地域への不要不急の移動は控えてください。県内の感染者も増加傾向にあり、今後、県から出されるメッセージに気を付けてほしい。移動にはできるだけ車を利用し、感染リスクが高まる外食は感染防止対策をきちんとしているお店を選んで。マスク着用や小まめな手洗いに加え、携帯用の消毒スプレーなどを持参するといいでしょう。

総合の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ