総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
解体撤去が決まった「世界平和大観音像」の足元に並び立つ「アメリカ」の看板=淡路市釜口
拡大
解体撤去が決まった「世界平和大観音像」の足元に並び立つ「アメリカ」の看板=淡路市釜口

 淡路島(兵庫県)の“東海岸”で、大阪湾に向かって立つ白亜の巨大な像。その足元にある「アメリカ」の看板。真夏の青空を背景に、印象的な対比がまぶしい。

 巨像は、高さ約100メートルの「世界平和大観音像」(淡路市釜口)。1982年に建てられたが2006年以降は閉鎖され、今年3月に国の所有となった。22年度までに解体されることが決まっている。

 観音像に隣接する飲食店「アメリカ」は、観音像完成に合わせて開店。現在も営業中だ。かつては多くの参拝客が立ち寄った。店主の庄司功さん(70)は「少し寂しい気もするが、周囲に被害が及ばないよう、観音像を解体してもらえると安心できる」と話している。(斎藤雅志)

総合の最新
もっと見る

天気(10月1日)

  • 26℃
  • 20℃
  • 40%

  • 25℃
  • 17℃
  • 60%

  • 27℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 40%

お知らせ