総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
対局室を検分する木村一基王位(右)と藤井聡太棋聖=3日午後、神戸・有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」(撮影・後藤亮平)
拡大
対局室を検分する木村一基王位(右)と藤井聡太棋聖=3日午後、神戸・有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」(撮影・後藤亮平)

 木村一基王位(47)がベテランの意地を見せるか、初タイトル獲得の勢いで藤井聡太棋聖(18)が連勝を3に伸ばすか。注目の将棋の第61期王位戦7番勝負(神戸新聞社主催)の第3局を前に、両対局者が記者会見で意気込みを語った。

■木村王位

 -前回対局から3週間あいた。

 「2局目は悔しい逆転負けを喫したが、しっかり切り替えてきた。幸い、この間に他の棋士との対局があり気分を変えられた。連敗はしたが、いい面が出せたところもある。前向きにいきたい」

 -17歳11カ月で最年少タイトルを獲得した藤井棋聖の印象は。

 「大変な偉業だと思う。周囲はいつか取るだろうと思っていたようだが、私もその1人。これまで2回対局したが、よく考える棋士と感じた。その分、ミスも少ない」

 -挽回への対策は。

 「将棋はちょっとした積み重ねが大事だと痛感している。一気に2勝、3勝挽回できるわけではないので、まずは明日、しっかり指したい。温泉は好きで、有馬は関東にはない独特の湯が楽しみ。今夜も入って、リラックスしたい」

■藤井棋聖

 -初タイトルの棋聖獲得後の第3局になる。

 「少し落ち着いたが、自分としては、これまでと変わらない姿勢で臨みたい。(王位戦の)第2局からしばらく時間があいたので、第3局に向けての準備もしっかりでき、いい状態で迎えられた」

 -木村王位の印象は。

 「これまでの2回の対局で、こちらの気付かない力強い攻撃をされる場面が多かった。こちらも第3局以降、その辺りを勉強して戦いたい」

 -これまでの対局を振り返って。

 「2日続けての対局で、体力面を含めいい経験をさせてもらっている。成果もつかめてきたところ。(棋聖戦など)合間にも貴重な対局を経験し、接戦もあった。今回はそれを生かしたい」

 -有馬温泉での対局は初めて。

 「子どものころに来たことがあるが、あまり記憶にない。対局中に温泉に入れるのは、これまでにはなかったので楽しみにしている。また神戸は谷川浩司先生の地元。いい印象がある。温泉でリラックスし、集中力を高めて明日からの対局に臨みたい」(津谷治英)

【中継サイト】将棋・王位戦

     ◇     ◇

【記事特集リンク】第61期王位戦

総合の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ